2007年 05月 30日
コロッケ
買い食いしたことは数あれど、自分でコロッケを作るのは初めて。
例によって、大量に作って冷凍です。
ジャガイモ1kgに具を混ぜたら、手のひらサイズの大判コロッケが14個。
これでしばらくコロッケライフは安泰だ。
e0051734_13165339.gif


1個ずつ、ぴっちりラップにくるんで。
e0051734_13174044.gif


2〜3個ずつキッチンポリ袋に入れて、冷凍庫で保存です。

コロッケのタネは、成形までして一晩冷蔵します。
小麦粉・たまご・パン粉をそれぞれキッチンポリ袋に入れ、
冷えたコロッケのタネをそれぞれまぶします。
こうすると、小麦粉・たまご・パン粉が無駄にならず、
まんべんなくまぶせるし、手も器も汚れないです。
冷えていないとコロッケのタネは柔らかいので、
ポリ袋で粉類はまぶせないです。

食品を冷凍する際は、大体1個の大きさを同じにして冷凍しています。
このように。
e0051734_13182896.gif

ちなみにコロッケも、大きめのぐい飲みに一回詰めてから丸めています。
ごはんも同様にジップロックコンテナに一回詰めてから、
ラップの上に(プッチンプリンのように)あけて、正方形にして冷凍です。
当初はジップロックコンテナのまま冷凍していたのですが、
場所をとるのでこのようにしました。

何が入っているか一目瞭然だし、収納しやすいし。
臭いが気になる肉や魚などは、別の冷凍庫に保存しています。




[PR]

by maho_note | 2007-05-30 13:20 | 保存食 | Comments(0)


<< ライ麦パンでコロッケサンド      いちごのクラフティ >>