カテゴリ:保存食( 22 )

2015年 07月 03日
トルコ風梅ジャム
完熟梅で、トルコ風にジャムを作りました。
果肉ゴロゴロが、トルコ風。
果肉は潰さず、ゆっくり、時間をかけて煮詰めます。

e0051734_18494195.jpg
長期保存を目的にしているので、砂糖たっぷりです。


覚え書き

完熟梅 種を除いた正味 600グラム
てんさい糖 900グラム(正味の1.5倍)
レモン汁 大さじ1
ダークラム酒 大さじ1



[PR]

by maho_note | 2015-07-03 00:00 | 保存食 | Comments(1)
2015年 06月 26日
梅サワー
ブランデー梅酒を作った時の残りの梅は、冷凍保存していました。
それを使って梅サワー作り。

e0051734_10574343.jpg
*覚え書き*

冷凍南高梅 80グラム
酢 80グラム
氷砂糖 40グラム

・梅は漬けっぱなしで良い
・1ヶ月後から飲める
・長期保存を目的にしているので、脱気済み
・常温保存
・3年経った梅は、まろやかで美味しく食べられるらしい

酢の物やお寿司に使おう♪

梅を使っていろいろやっていますが、梅干しは苦手なので作らないのです。











[PR]

by maho_note | 2015-06-26 00:00 | 保存食 | Comments(0)
2015年 06月 26日
梅ジャム
スーパーで4割引になっていた完熟南高梅で、初めての梅ジャム作り。

e0051734_17434375.jpg

レシピはこちらを参考にしました。トルコの生活をリアルに描いた、大好きなコミックです。
砂糖を控えめに作ったら、1年日持ちするはずのジャムに、早々とカビが生えた。その後、お義母さんにジャムの保存は砂糖を沢山入れなければならないと教わった。
トルコでは、ペースト状のジャムより、果肉の形を保ったままのジャムが最上と言われた・・・という件があります。

e0051734_19235885.jpg
引用 高橋由佳利 トルコで私も考えた3巻 (2002) 集英社 pp.33




*覚え書き*

完熟南高梅 種を除いた重量約800グラム
てんさい糖 800グラム

・ギリギリまで追熟
・目指すはトルコ風のジャム。茹でる作業は不要。梅は潰さな いよう、種だけ取り出す
・南高梅は灰汁抜き必要なし
・長期保存目的なので、砂糖は多め。果肉の1.5倍入れてもいい
・皮も一緒に煮ると果肉のようで美味しい
・脱気済み
・1年保存が可能

惨事もありました。
脱気の際、温かいお湯に瓶詰めしたジャムを入れて、瓶が割れてしまいました。お湯に流れ出すジャム・・・。
3瓶作ったジャムは、1瓶がパー。何事も経験。

とても美味しい出来上がりだったので、作り足そうかな。
完熟南高梅、まだ売ってるかな。

次は杏を作ろう。パイナップルも作りたい。冬は林檎。好みのジャムはそれくらいかなー。

ジャムではないけれど、茗荷の甘酢漬けと、新生姜の甘酢漬けは作る予定です。
それで一旦、保存食作りは終了。瓶が溢れて困ってしまうから。





[PR]

by maho_note | 2015-06-26 00:00 | 保存食 | Comments(0)
2008年 06月 10日
ホワイトソース
また作っちゃった、デブのもと。


e0051734_12305457.jpg


前回作ったホワイトソースを食べきっちゃったから。夏なのに、グラタン三昧。








            
  

[PR]

by maho_note | 2008-06-10 16:31 | 保存食 | Comments(0)
2008年 05月 05日
中華肉味噌
大量に作って冷凍。

e0051734_09483431.jpg


作っておけば、いつでも美味しいこれが食べられる。
冷凍しっぱなしだった挽肉、重い腰を上げてやっと作ったよ。










[PR]

by maho_note | 2008-05-05 10:12 | 保存食 | Comments(0)
2008年 02月 11日
ホワイトソース
ドリアが食べたくて作ったホワイトソース。

・・・そういえば、最後の一枚だったグラタン皿、割っちゃったじゃない・・・。
ホワイトソースだけ作ったところで気付いてヨカッタ。


e0051734_10125592.jpg


ホワイトソースは冷凍しちゃえば問題なし。
今度、美味しいドリアを作るぞ。










[PR]

by maho_note | 2008-02-11 16:40 | 保存食 | Comments(1)
2007年 08月 26日
肉味噌
お弁当やおにぎりの具に重宝するし、もちろん、普段のゴハンのおともにも登場します。
まとめて作って、冷凍です。甘辛醤油味のそぼろも大好きだけれど、味噌味も負けないくらい好き。
中華風にする時は、味噌の比率を少なくし、テンメンジャンを加えます。
筍や干し椎茸を加えると、ジャージャー麺に合う肉味噌に。

e0051734_138311.gif


<覚え書き>

豚ひき肉 400g
砂糖 大さじ5
酒 大さじ3
水 大さじ1
醤油 大さじ4
赤味噌 大さじ3







           
[PR]

by maho_note | 2007-08-26 14:29 | 保存食 | Comments(0)
2007年 06月 25日
ドライカレー
ちょっと前まで「本の雑誌」という月刊雑誌が好きで購読していました。
メジャーなのかマイナーなのかわからないのですが、どこの書店にも置いてある
わけではないという点で、ある意味マイナーです。
私も、「本の雑誌」を置いている書店が近くになくなってしまってから
しばらく読んでいません。

その「本の雑誌」。その名の通りただただ本に関するコラムや新刊紹介を
している雑誌なのですが、そのなかに大好きなエッセイがありました。
その名も「笹塚日記」。著者が作るお料理の中に度々登場していた
ドライカレーがすごくおいしそう!・・・というわけで今回はドライカレー。
普通のカレーにはあまり魅力を感じないのですが、ドライカレーは
初挑戦ということもあって、ワクワク。

レシピも何もなく、ただただ「笹塚日記」をたよりに作ってみたわけです。
暴挙です。そうしたらですね。

e0051734_1742122.gif


カレー風味のミートソースって感じでしょうか。
どうして?目黒さん(エッセイの著者)。
やっぱりちゃんとどこかのレシピを参考にすればよかったか。
(そんなことするから)(それみたことか)という裏の自分の声が聞こえます。
まだ炒めている最中なので、水分がなくなるまで炒めたら
何とかなるのかな。何とかなってくれないと困る。
明日のお弁当はドライカレーに決めているんだし。





[PR]

by maho_note | 2007-06-25 17:07 | 保存食 | Comments(0)
2007年 06月 02日
切り干し大根の煮物(自家製冷凍食品)
またまた、お弁当用に煮物をどどんと作って冷凍です。
お弁当に凍ったまま詰めてもOKなので便利です。
材料を油でがーっと炒めてから煮たほうが美味しいのですが、
カロリーカットのために、あえて炒めず。

e0051734_18541239.gif


暇だったので、計算してみた。
材料費276円。12個できたので、1個あたり23円。
やっぱり自分で作ると安上がりなんだなー(当たり前)。
今度は卯の花を作って冷凍したい。
でも、おからってどこに売ってるんだろう?見たことないな。

自分用の覚え書き
・切り干し大根 1袋
・ニンジン 1本
・油揚げ 5枚
・鷹の爪輪切り 適量

<煮汁>
水 400cc
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ2
酒 大さじ4
本だし 小さじ2



[PR]

by maho_note | 2007-06-02 18:55 | 保存食 | Comments(2)
2007年 05月 30日
コロッケ
買い食いしたことは数あれど、自分でコロッケを作るのは初めて。
例によって、大量に作って冷凍です。
ジャガイモ1kgに具を混ぜたら、手のひらサイズの大判コロッケが14個。
これでしばらくコロッケライフは安泰だ。
e0051734_13165339.gif


1個ずつ、ぴっちりラップにくるんで。
e0051734_13174044.gif


2〜3個ずつキッチンポリ袋に入れて、冷凍庫で保存です。

コロッケのタネは、成形までして一晩冷蔵します。
小麦粉・たまご・パン粉をそれぞれキッチンポリ袋に入れ、
冷えたコロッケのタネをそれぞれまぶします。
こうすると、小麦粉・たまご・パン粉が無駄にならず、
まんべんなくまぶせるし、手も器も汚れないです。
冷えていないとコロッケのタネは柔らかいので、
ポリ袋で粉類はまぶせないです。

食品を冷凍する際は、大体1個の大きさを同じにして冷凍しています。
このように。
e0051734_13182896.gif

ちなみにコロッケも、大きめのぐい飲みに一回詰めてから丸めています。
ごはんも同様にジップロックコンテナに一回詰めてから、
ラップの上に(プッチンプリンのように)あけて、正方形にして冷凍です。
当初はジップロックコンテナのまま冷凍していたのですが、
場所をとるのでこのようにしました。

何が入っているか一目瞭然だし、収納しやすいし。
臭いが気になる肉や魚などは、別の冷凍庫に保存しています。




[PR]

by maho_note | 2007-05-30 13:20 | 保存食 | Comments(0)