カテゴリ:外反母趾( 29 )

2015年 02月 02日
右外反母趾 術後17日目
傷は多分異常なく、少しずつくっついてきています。
一日一回シャワーで洗って、キズパワーパッドの交換を繰り返しています。

発疹は乾いてきてカサカサ。痒みもない。少しシワシワして、腫れがひいているみたい。痛みも全くありません。


e0051734_11245556.jpg













[PR]

by maho_note | 2015-02-02 00:00 | 外反母趾 | Comments(0)
2015年 01月 29日
右外反母趾 術後13日目
歩いて買い物に行こうとしたけれど億劫になり、
自転車に乗って行ってしまいました。乗れちゃった。

子どもや暗闇や人混みは怖いので、早い時間に。












[PR]

by maho_note | 2015-01-29 00:00 | 外反母趾 | Comments(0)
2015年 01月 28日
右外反母趾 術後12日目
抜糸翌日の夕方、シャワーを浴びようとガーゼを外し、歩き回りながら準備をしていると、
血液がたらーり。傷を見ると、ぱっくり離開していました。

病院に電話をしようか悩みましたが、(働いている側にとって)夕方のこの時間は微妙。
結局、こんなことを。


e0051734_11202459.jpg


シャワーでこすらずザブザブ洗って、清潔なガーゼで軽く拭いて、傷を寄せるようにしてキズパワーパッドを貼りました。慌てなくても大丈夫。多分。











[PR]

by maho_note | 2015-01-28 00:00 | 外反母趾 | Comments(0)
2015年 01月 27日
右外反母趾 術後11日目
前回の診察後から包帯のあたる皮膚部分が痒いかな?と思いつつ経過をみていました(自己判断)。

日に日に痒みが強くなり、よくよく見ると発疹がある。
包帯をペロッとめくってみると、発疹だらけ。
部分的だから薬疹じゃないみたい(自己判断)。
包帯のゴム?でかぶれているのかな(自己判断)。
包帯を一度とって、よく拭いて、ガーゼをあてた上から包帯で固定し直していました。

今日は抜糸のため、受診。
先生に発疹を診ていただき、包帯は最低限にしてもらいました。
よくなってきているので、お薬はなしで。
明日にはガーゼを取っていいそうです。


e0051734_152464.jpg











[PR]

by maho_note | 2015-01-27 00:00 | 外反母趾 | Comments(0)
2015年 01月 20日
右外反母趾 術後4日目
術後、初受診。
電車とバスを乗り継いで病院に向かい、消毒だけをして、帰りました。

杖は必要なのだけど、私は腕の力がないので、松葉杖を上手に使うことができませんでした(昔は使い方をお教えしていたのに)。
そのため、松葉杖は返却しました。
しかし、何も支えがない状態での帰り道は、足取りがおぼつかず、なかなか前に進みません。予想以上に歩けないので、
帰宅後、少し可愛いめの折り畳み可能な杖をamazonで注文しました。
まさか自分に杖が必要になるなんて。

e0051734_11164611.jpg

待合室では、お揃いの杖を持った方がチラホラおられます。
皆さんも、私と同様に精一杯の抵抗なのかしら。


e0051734_13325498.jpg


装具は一足まで保険が使えます。
自費ならば2足買えますが、37000円くらいしました。
私は室内・室外兼用にしていますので、
外出後は靴底をズックリンと歯ブラシを使って丁寧に洗い、
室内で使っていました。
ナイロンなのですぐに乾きます。










[PR]

by maho_note | 2015-01-20 00:00 | 外反母趾 | Comments(0)
2015年 01月 17日
右外反母趾 術後1~3日目
夜は連日、よく眠れていました。

右足はクッションで拳上して、布団をかけて眠りました。
可能ならば離被架のような、布団の重みを足にかけない優れものがあるとベターですが、ないので布団をかけてしまいました。今は寒いし。
横を向いて寝ているので、朝になるとクッションから足が落ちていることもしばしばでした。

強い痛みの来襲が恐怖なので、痛くなる前に座薬を使用していました。

0日目 就寝前に使用
1日目 起床時・就寝時に使用
2日目 起床時・就寝時に使用
3日目 以降は使用なし

もちろん、処方された定時経口薬の痛み止めも内服しています。


1日目、2日目は基本、カーペットの上でゴロゴロしていましたが、ごはんは作っていました。

3日目にはホコリが気になり、掃除機をかけました。

シャワー浴も3日目から始めました。
当初は装具ごとビニールに包んで、水が入らないように
太めのセロハンテープで止めていました。
次第に踵歩行にも慣れ、装具は外して入るように。
そのほうが、洗える面積が増えるのです。

足はパンパンに腫れているので、できるだけ、拳上、拳上。
当初は痛みをもの凄く怖れていたけれど、痛みには大分、個人差があるようです。
そして私は、痛みに鈍感だったようです。













[PR]

by maho_note | 2015-01-17 00:00 | 外反母趾 | Comments(1)
2015年 01月 16日
右外反母趾手術
手術当日は、自動受付を済ませた後、手術室へ向かいます。
足が治る嬉しさのほうが強く、不安や怖さはありませんでした。

着替えから案内、手術終了まで、看護師さんはとても親切で優しくて。
お化粧ばっちりで、まつげのエクステして、可愛かった。
痛みの山場である麻酔の時、可愛い看護師さんは「大丈夫ですよー」なんて
手を握ったりさすったりしてくれて、おやじ気分で嬉しかった。

ドクターはS先生他1名で、
「ちょっとカンカン(音)しますよー。」、「はーい、ここから矯正していきまーす」等など、
声をかけて教えてくれる。ありがたい。
残念なことに、私の頭と足の間はオイフで遮られていて、手術は見えないの。

あっという間に終了しました。

記録なので残しますが、血液が見えます。
苦手な方はお避け下さい。
















e0051734_1622954.jpg

e0051734_16222235.jpg
e0051734_16223598.jpg

e0051734_1631186.jpg


終了後、装具の靴を履いて、


e0051734_13325498.jpg


歩いてレントゲンを撮りに行き、
診察室でS先生から説明を聞き、使わないかな?と思いつつ、
念のため片松葉杖を借り(1日500円)、痛み止めを処方してもらって帰りました。

夕方くらいに麻酔が切れると言われていたので、
片道25分の電車に揺られ、最寄りの駅で買い物をし、
外でごはんを食べ、夕方くらいにバスで自宅に帰りました。

この日は、そんなに痛くはなかったものの、
激痛に襲われるのが怖くて、座薬を使って就寝しました。














[PR]

by maho_note | 2015-01-16 09:30 | 外反母趾 | Comments(0)
2014年 10月 23日
初診
近所の整形外科で紹介状を書いていただき、
某大学病院に初診予約の電話をしました。
私の時は、約5か月待ちだったと思います。

診察をして、レントゲン診断をして、「ずいぶん長く痛かったでしょう。」とS先生に言われた時、少し救われた気がしました。
先生の説明はとても親切で、丁寧で、やっぱり受診してよかった。私はこの世代の医師が好き。

この日、片足からの手術を決めて予約しました。
手術は年明けです。


e0051734_1259860.png











[PR]

by maho_note | 2014-10-23 11:00 | 外反母趾 | Comments(0)
2014年 10月 23日
外反母趾の手術を受けるまでの経過
ハイヒールを履きたくなるお年頃には、すでに外反母趾でした。
外反母趾を特に意識はしていなかったけれど、
「女子っぽい靴は痛いなぁ」と感じながら過ごしていました。

30歳の頃、友人に「〇ちゃん、外反母趾だねぇ」と指摘されて、あー、そうなんだ、と。

次第にスニーカーを履いていても母趾の付け根の出っ張りや足裏が痛く、
長い時間は歩けなくなってきました。
痛いからヒールのある靴は履きたくないけれど、
フォーマルな場所や学会では履かざるをえない。
色々な外反母趾グッズを利用しての生活が続きます。

歩いて痛くて生活に支障があるのは、本当に辛くて、
自由に靴を選べないというのは、本当に悲しくて。
一生このまま、どんどん進行して、痛みも変形もひどくなるに違いない。
テーピングも、外反母趾グッズも一時しのぎ。

やっぱり手術ねっ。
しかし、うん年前の記憶が甦る。私は整形外科で働いていたのでした。
相当前のことだけれど、そんなに大きく変わっちゃいないでしょ。
入院でしょ、がっつり長期間ギプスでしょ、入院生活長いでしょ、再発が多いでしょ・・・
無理だ!!そんな悠長に休めない。

職場の整形外科医は言うのです。
歩けるんだし、命に差し障りないし、あんまり勧めないよ、と。

まぁ、死にませんが。QOLは下がっているのよ。

そんなこんなの葛藤を抱えている時、ネットで目にした日帰り外反母趾手術。
残念ながらテレビの放送は観ていなかったけれど、今はDLMO法という簡易な手術ができるらしい。

外反母趾やDLMO法で検索すると、術式やケースレポート、外反母趾マメ知識ばかりがヒットして、
知りたいことに辿り着きづらいこと。
今、知りたいことは、体験談、術後の経過と生活の様子(いつ、何がどのくらいできるのか)、これだけ!

ブログを読みあさります。数が少ないので、全部読んだと思う。
医師の論文も、無料で読めるものはひっぱって読んだ。

みなさん、術前術後や痛いときの記録は残しておられて、
足の形が治ると記録はストップされるよう。
年単位で画像を含めた記録を残されている方は極極少数です。3年以上は見た限りではいらっしゃらないみたい。
きっと、外反のことを忘れるくらい快適な生活なのねっ。

私がとても参考にさせていただいたのは、なんといってもnaoさんによる外反母趾ブログ、外反母趾の手術が決定!です。

経過も、生活の様子も、とてもよくわかります。
何より、naoさんの品性なのでしょう、すっきり読みやすい文章です。
こんなにキレイに治るのなら、手術を受けたい!と思わせて下さいました。

手術は、やはりパイオニアである某大学病院のS先生に受けたいと思い、受診しました。


e0051734_1230123.jpg










[PR]

by maho_note | 2014-10-23 00:00 | 外反母趾 | Comments(0)