<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2015年 06月 29日
左外反母趾 術後80日目、右外反母趾 術後約5.5ヶ月
現在の足です。

左足からー。
e0051734_10130456.jpg
血管が透けて見えるくらいすっきりしてきたものの、まだ腫れていて、色も悪いです。厚みがあるので、パンプス類はもちろん、バレエシューズみたいな形の靴も厳しいです。
一日の終わりにはとても腫れるので、ジャストフィットの靴を履いて出かけると、痛みで悶えます。

右足-。
e0051734_10221025.jpg
左足ほどではないものの、まだ腫れています。

両足の動き。
e0051734_10251062.jpg

e0051734_10253886.jpg

見た目。
e0051734_10262862.jpg

e0051734_10264932.jpg

時間の経過とともに、動きも、腫れも、ゆっくり改善しているのがわかります。
今夏は、新しい靴の購入は見送りです。

[PR]

by maho_note | 2015-06-29 00:00 | 外反母趾 | Comments(0)
2015年 06月 28日
アムリタ食堂のタイ料理教室
大満足の内容でした。手に入りにくいハーブや調味料を安価で譲っていただけるのも嬉しい。

テーマはスイートチリを使い切る!です。

e0051734_16304054.jpg
プラムック ヤーン(イカの焼き物)
ポピア トー(揚げ春巻き)

e0051734_16311411.jpg
小魚のタイ風マリネ
カオニャオヤーン(もち米のバナナの葉っぱ包み焼き)

e0051734_16315396.jpg

教えて下さる先生も、可愛くて、明るくて素敵。
大人気で、キャンセル待ち15人だそう。納得!










[PR]

by maho_note | 2015-06-28 00:00 | お教室 | Comments(0)
2015年 06月 26日
梅サワー
ブランデー梅酒を作った時の残りの梅は、冷凍保存していました。
それを使って梅サワー作り。

e0051734_10574343.jpg
*覚え書き*

冷凍南高梅 80グラム
酢 80グラム
氷砂糖 40グラム

・梅は漬けっぱなしで良い
・1ヶ月後から飲める
・長期保存を目的にしているので、脱気済み
・常温保存
・3年経った梅は、まろやかで美味しく食べられるらしい

酢の物やお寿司に使おう♪

梅を使っていろいろやっていますが、梅干しは苦手なので作らないのです。











[PR]

by maho_note | 2015-06-26 00:00 | 保存食 | Comments(0)
2015年 06月 26日
梅ジャム
スーパーで4割引になっていた完熟南高梅で、初めての梅ジャム作り。

e0051734_17434375.jpg

レシピはこちらを参考にしました。トルコの生活をリアルに描いた、大好きなコミックです。
砂糖を控えめに作ったら、1年日持ちするはずのジャムに、早々とカビが生えた。その後、お義母さんにジャムの保存は砂糖を沢山入れなければならないと教わった。
トルコでは、ペースト状のジャムより、果肉の形を保ったままのジャムが最上と言われた・・・という件があります。

e0051734_19235885.jpg
引用 高橋由佳利 トルコで私も考えた3巻 (2002) 集英社 pp.33




*覚え書き*

完熟南高梅 種を除いた重量約800グラム
てんさい糖 800グラム

・ギリギリまで追熟
・目指すはトルコ風のジャム。茹でる作業は不要。梅は潰さな いよう、種だけ取り出す
・南高梅は灰汁抜き必要なし
・長期保存目的なので、砂糖は多め。果肉の1.5倍入れてもいい
・皮も一緒に煮ると果肉のようで美味しい
・脱気済み
・1年保存が可能

惨事もありました。
脱気の際、温かいお湯に瓶詰めしたジャムを入れて、瓶が割れてしまいました。お湯に流れ出すジャム・・・。
3瓶作ったジャムは、1瓶がパー。何事も経験。

とても美味しい出来上がりだったので、作り足そうかな。
完熟南高梅、まだ売ってるかな。

次は杏を作ろう。パイナップルも作りたい。冬は林檎。好みのジャムはそれくらいかなー。

ジャムではないけれど、茗荷の甘酢漬けと、新生姜の甘酢漬けは作る予定です。
それで一旦、保存食作りは終了。瓶が溢れて困ってしまうから。





[PR]

by maho_note | 2015-06-26 00:00 | 保存食 | Comments(0)
2015年 06月 26日
自家製モヒート
これが、こんなふうになって出来上がり。

e0051734_13170402.jpg

コーヒーフィルターを使って濾しました。
深みがあってよい香り。
1年熟成させて飲むのが理想。多分その前に飲んでしまいそうなので、もう1本作るべき?
夏の間しか飲まなそうだから、消費量がわかりません。

勝手なイメージ→モヒート→ラム酒→カリブ海→海賊→夏

今度は、サンチアゴ デ クーバを手に入れて作りたい。










[PR]

by maho_note | 2015-06-26 00:00 | ドリンク | Comments(0)
2015年 06月 23日
左外反母趾 術後74日目、右外反母趾 術後約5ヶ月
本日は外来受診でした。

まずは左足ー。

e0051734_18052602.jpg
なぜだかアップにしてコピーを下さいました。
骨、できてますって。

次は右足ー。

e0051734_18072183.jpg
はい、順調。

先生、「活動に制限はありません。どんどん歩いて、パーの運動をして、筋肉をつけて下さい」って。

こうやって経過を見ると、人間の体ってスゴイと思う。
半年前にバッサリ折った骨が、ここまでくっついてしまうのだから。

両足とも、歩き始め当初ほどフラつかなくなりました。
術前とは程遠いけれど、生活に支障はありません。よく動かそう。痛みは全くありませんー。
両足を通して、私の仕事や生活にほぼ支障がなくなるのは、2ヶ月目以降でした。

痛みがなく、変形のない普通の足に見惚れる毎日。先生、どうもありがとう。
次回の診察は10月です。

お天気が悪くて、生足の画像が撮れていません。
後日、アップしますー。






このブログのアクセス数を見て、軽く驚いた。
誰がこんなに読んで下さっているのかしら。
外反母趾の情報を求められるのは嬉しいこと。
外反母趾ブログの中では、デスクワークではないってところが少数派かな。

特に参考にさせていただいたブログをリンクしました。
ご参考になりますように。









[PR]

by maho_note | 2015-06-23 00:00 | 外反母趾 | Comments(0)
2015年 06月 22日
パクチーのその後
花が咲き乱れています。
小さな、真っ白な花。
食べられなくなったパクチーですが、これはこれでキレイ。

e0051734_10541090.jpg

高さは60センチほど。種が沢山採れるといいなー。

ホーリーバジル、ミント、九条ネギは変わらず元気です。









[PR]

by maho_note | 2015-06-22 00:00 | 栽培 | Comments(0)
2015年 06月 13日
ブランデーの梅酒
南高梅でブランデー梅酒を作りました。
4リットル入りのブランデーなんて初めて見たわー。

e0051734_14534627.jpg

レシピはこちらを参考にしました。

1年半後に梅を取り出し、お酒を濾して保存します。気の長い話だ。

















[PR]

by maho_note | 2015-06-13 00:00 | ドリンク | Comments(0)
2015年 06月 12日
植物の経過
購入して1ヶ月経った植物たち。
まずはスペアミント。

e0051734_14275888.jpg
もりもりと育っています。
手間要らずの害虫知らずです。




残念なパクチー。

e0051734_14312460.jpg
苗から育て始めたのがGWあたりで、5月下旬には花が咲く準備の気配(!)。
その間に収穫したのは3回くらいだったか。
よーく調べたら、パクチーとはそういうものらしい。
春に苗を買うのは、種を収穫するためだとか・・・その種を9月に撒けば、翌年の春から夏にかけて、4ヶ月間くらい収穫が楽しめるそうです。
勉強になりました。今は花が咲くのを待っています。




売ってないから育て始めたのが、ホーリーバジルと九条ネギ。
ホーリーバジルは苗から、九条ネギは種からです。

ホーリーバジル。

e0051734_14393113.jpg
もりもりと丈夫に育っています。
ワイルドな外観と味の主張の強さがスイートバジルとは異なります。




九条ネギ。

e0051734_14432100.jpg
感動だった発芽の画像を残しておけばよかったー。
これは、2〜3cm間隔に間引きを済ませた画像です。
4本くらいに分かれてきたら、さらに間引きをする予定です。











[PR]

by maho_note | 2015-06-12 00:00 | 栽培 | Comments(0)
2015年 06月 02日
ガパオライス
連日気温30℃。
モチモチした日本米よりも、タイ米が美味しい季節になりました。
もちろん、ホーリーバジルとタイ米で。
レシピはこちらを参考にしました。

e0051734_20184401.jpg
胸肉を包丁で叩いて細かくしたのですが、とても面倒くさかったので、今度はひき肉を使おう。

日本の嫌われものタイ米は、暑い時期のこういうお料理でこそ、美味しさが引き立つなーと思う。ブレンド米になんてしたら、美味しいはずがない。ご飯の質が違うもの。罪なことしたなー、当時の日本。

お安いのかというと、そうでもない。
タイ米はまだ少し手が出しやすいけれど、インド米なんてコシヒカリ以上の価格です。

今回炊いたタイ米は、ダイエットの仕掛けがあります。
糸こんにゃくを茹でて、フードプロセッサーで細かくして、水分がなくなるまでフライパンで炒ったものをタイ米に混ぜて炊いています(タイ米3 : 糸こんにゃく1.5)。
混ぜ物しているなんてわからないくらい美味しくて、冷凍しても美味しく食べられる。

e0051734_20261265.jpg
炒った糸こんにゃくはこんな感じ。
痩せるかなー。
















[PR]

by maho_note | 2015-06-02 00:00 | 御飯&丼もの | Comments(0)